スポンサーリンク

批判続出‼24時間テレビ志村けんドラマに「視聴率稼ぎ」の声!主演は重岡大毅。

志村けん エンタメ・芸能
スポンサーリンク

毎年放送される、日本テレビの「24時間テレビ」。

今年は 8月22、23日に放送されることが決まりました。

そして、その中で放送されるドラマに、批判が集まっているというのです。

スポンサーリンク

批判続出‼24時間テレビ志村けんドラマに「視聴率稼ぎ」の声!主演は重岡大毅。

毎年ジャニーズタレントが器用されて、感動というお涙頂戴ストーリーという流れになっている傾向ですが…。

批判殺到のドラマの内容は?

今年の24時間テレビ内で放送されるドラマについて、スポニチアネックスによると、

3月に新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった志村けんさん(享年70)の物語が放送される。

「誰も知らない志村けん―残してくれた最後のメッセージ―」のタイトルで、ジャニーズWESTの重岡大毅(27)が主演。

今回はドキュメント映像とドラマ、志村さんが愛したビートルズの音楽を融合させた“スペシャルヒューマンストーリー”という形をとる。

老若男女に愛された志村さん。
コントを中心に精力的な活動を続けていたが、誰も知らない思いを抱えていたという。
今作では、動物番組への出演を決めた理由やテレビでは決して見せなかった素顔などを、周囲の人々の視点から描いていく。

志村さんを近くで見ていた周りの人目線での物語ということです。

重岡は、2004年から放送されている日本テレビ「天才!志村どうぶつ園」(土曜後7・00)の立ち上げ当初から約16年にわたり志村さんの姿を近くで見続けた、実在するテレビディレクター役を演じる。

重岡は「僕なりのメッセージを届けられるよう、精いっぱい頑張ります」と意気込んでいる。

「僕にとって志村さんは、老若男女から愛されるお茶の間の人気者で、“テレビつけたら、いつもいる”という、物凄く温かいイメージがあります」という。
これから始まる撮影に向けて「志村さんに触れさせていただく中で、“職人”だったり、“責任を背負い仕事を頑張る大人ってどういうことなのか?”を学ぶことができたらうれしいです」と思いを語った。

主演はジャニーズWESTの重岡大毅さんが演じるという事です。

重岡大毅

 

ネットの反応は?

志村さんを利用しての感動の押し売りはやめてくれ。それなら日テレに残ってる志村さんの映像24時間流してくれた方が楽しいし感動するよ。

本当にくだらない番組しか出来ない、企画の力量が無い連中だわ。死んだ人をネタに番組作りをすれば視聴者が喜んで見ると思うところに能力の無さを感じる。そもそも、このお涙頂戴番組が未だに続いている事に違和感を感じる。

志村追悼だったらTBSで全員集合、フジでドリフ大爆笑やバカ殿、一連の深夜のコント番組等、テレ朝でドリフと女優を再放送するのが良い。
感動の涙より泣くほど笑ったほうが志村本人も喜ぶと思う。

番組の主旨と違うのでは?便乗ビジネスは止めてほしい。

企画力もさもありだが、配役も?だわ。
重岡さんなど志村世代の末期にも引っかかってないでしょ。

亡くなった人をネタに視聴率上げようと考えてるのかな?それならば、人間として最低の部類だ。

ふざけた事を
俺の大事な志村さんを
こんな事に使いやがって
ジャニーズも日テレも
人の死を商売にするんじゃねー

志村さんは本当に急すぎて、闘病も本人の意思でできていない。追悼の思いがあるなら日テレで、こんな視聴率の為のドラマなんかにしちゃダメだと思う。

今、東京で一日200人とか300人とか感染者が出たと、もう人数に麻痺してきているが、その中の一人、志村さんがそれで亡くなっている事を忘れてはいけない。

コロナが収束して、「あの時は大変だったなぁ」と振り返れるようになってからやるべき。
半年も経たずにやるのはどうかしてる。

24時間テレビを行うことで出演者やスタッフに感染者がでたら、志村さんの死を生かせていないことになりますね。

24時間テレビ…………やるんですか?
東京で感染者が増えて大変な時期なのに………

この番組をやったあとに関係者が感染したら
どうするんだろ?

春の選抜、夏の甲子園も断腸の思いで中止したのだから
今回の24時間テレビは中止でも誰も文句は言わないよ。

今は新型コロナウイルスを広げない事に重点を置いてほしい。

志村さんを視聴率のために利用しているように感じてしまいます。本当に純粋に志村さんのことを伝えたいのなら、24時間テレビの中じゃなくてもいいと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

ネットでは、「日テレが視聴率を稼ぎたいだけで志村さんを使うのか!」「便乗ビジネスはやめてくれ!」「コロナが収束もしていないのに志村さん?」「東京は感染者が増え続けているというのにやるのか?」と批判が続出しています。

日本テレビ側としては例年続いている24時間テレビをコロナ禍でもぜひとも続けなければいけないのかもしれませんが、日本の現状はすでに第二波到来とも言われてる状況です。

そんな中でいつもどおりな「お涙頂戴もの」のドラマを作って、感染者が出たとなったら、志村さんはどのように思われるのでしょうか?

日本テレビ側としても、リスクがあると思いますが…。

そんな中でも強行したいという姿勢は、「視聴率」とか「ビジネス」とか、自分たちの利益ばかりを追求していると捉えられるのは、当たり前のような気がします。

例年ジャニーズのタレントを起用し、若者の視聴率をあげようという作戦のようですが、今年の作戦は成功するか?それとも批判の嵐になるのか…?

世のため人のためになる24時間テレビとなるのか、注目したいと思います。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ・芸能 ニュース
スポンサーリンク
ドングリをフォローする
ドングリブログ
タイトルとURLをコピーしました